大槻反田の家
2016/住宅

 

中央に水路が入り込む特異な敷地に建つ住宅です。
道路側から2台分の車庫と来客用の駐車ゾーン、植栽ゾーン、敷地を二分する水路、植栽ゾーン、そして住宅というように明確に仕切られた5つのゾーンの重ね合わせを縦に突っ切るように真直ぐなアプローチが奥へと伸びています。
住宅の裏には緩衝地帯となる豊かな庭を挟んで古い母屋が佇んでいます。母屋の持つ時間軸に、ここでの生活を営む施主の空間体験を重ねて、意識的にも奥行きを生かした環境となるようにつくり込んでいきました。

DATA
所在地
用途
構造
規模
延べ床面積
施工

福島県郡山市
住宅
木造
2階
223㎡
信和建設