東山霊園合葬墓
2016/墓地

合葬墓という、多くの方々が眠る場所をどのように作り、縁の方のお気持ちをどのように受け止めるか、という大きなテーマに取り組もうとした建築です。
墓石と自然が地形を撫でるように広がる霊園内風景において、浮いているように見える大きな切妻屋根を家の象徴となるように考えました。
約7,000体の遺骨を納めることができる家形の納骨室の上に、相似関係にある大屋根をかけ、そこを祈りの空間としました。地下に眠る故人への想いを形ある実体にではなく、納骨室の上にある切り取られた「空」やそこから注がれる「光」に求めました。
納骨室の屋根の片面に白い御影石を貼ることで空を映し出し、光のリフレクターとなって参拝所の内部をほのかに照らします。
この場所で過ごす祈りの時間は、故人への想いを越え人の力の及ばない宇宙や死生観までをも感じさせる特別な場所となるのではないか。そのような想いで設計しました。

DATA
所在地
用途
構造
規模
延べ床面積
施工

福島県郡山市
合葬墓
RC造
地上1階/地下1階
388㎡
​株式会社蔭山工務店