黒い家
2018/住宅


 

近くにバイパスの高架が走り、細い道路や空地で囲まれた雑然とした周辺環境の中に建つ、平屋のようなスケール感をもった2階建ての住宅です。
スケールを抑え、さらに外壁を黒く塗ることで、小さいことを主張するように丁字路の突き当りのアイストップとなっています。
家の中心に置かれたリビングを寝室や和室、ダイニングルーム、水回りで取り囲み、家族が集まりやすくする一方、リビングを経由しない家事動線をつくるなど、コンパクトで機能的な平面です。
リビングの天井を高くするために床を周囲より下げたことで、家の中心性が高まり、2階の子供室に上がる階段もリビング正面に象徴的に配置しました。

DATA
所在地
用途
構造
規模
延べ床面積
施工
​掲載

福島県郡山市
住宅
木造
2階
125㎡
​信和建設
Replan福島Vol.4
Replan東北Vol.62